東北エリア

「ぴょんぴょん舎」

飲食店

「喫煙専用室」の設置で、
お客様満足度アップ!

ぴょんぴょん舎では、どのような取り組みをされましたか?

中原商店が運営する「ぴょんぴょん舎」
東北や関東を中心に、13店舗を展開しています。

中原商店が運営する、冷麺・焼肉のお店「ぴょんぴょん舎」は、以前は全面喫煙可で、喫煙を希望する客席には灰皿を設置していました。しかし、盛岡名物である冷麺を召し上がりに来たお客様の中から「せっかく美味しいのに、タバコのニオイが気になる」という声をいただくようになりました。
そこで2015年くらいから受動喫煙対策を実施。客席を全面禁煙として、灰皿を回収しました。また、喫煙者のお客様のために客席のあった一部スペースを改装して、喫煙専用室を設置しました。

なぜ禁煙ではなく喫煙専用室を設置したのですか?

喫煙専用室は客席から離れた場所にするなど、設置位置にも配慮。

当社は価値前提として、お客様満足度の追求を掲げています。タバコのニオイが気になる方への配慮は当然必要ですが、喫煙者の方も同じくらい大切なお客様です。
喫煙者の方の中には、「焼肉店だから喫煙したい」「喫煙できる」と期待されている方もいらっしゃいます。
そこで、できるかぎり全てのお客様のご要望にお応えし、お客様満足を高めるために、「喫煙場所の限定」という形をとることにしました。現在はショッピングモールなど、建物内全面禁煙の店舗以外、ほぼ全ての店舗に喫煙専用室を設けています。

実施した結果、お店にはどのような影響がありましたか?

本店の村上店長。すべてのお客様の満足のために、運営本部と店舗が一体となってお店づくりに取り組んでいます。

もともと当店のお客様層は40〜60代の方が多く比較的女性の割合が高いのが特徴です。外観や内装も幅広い客層を意識し、居心地がよく独自性のある空間を設計しています。そのため、喫煙専用室設置後も売上が下がるというような直接的な影響はありませんでした。
その一方で、今まで客席から回収した灰皿を洗っていたのが、喫煙専用室の1箇所で済むようになったので、従業員の負担は少し減っていると思います。
お客様の満足度を高めつつ、従業員にもメリットがあったという点で、この取り組みは当店にとって良い取り組みだったと感じています。

ぴょんぴょん舎​
運営会社 株式会社中原商店​
岩手県盛岡市稲荷町12-5
店舗数 岩手、宮城、東京、埼玉、神奈川に13店​
http://www.pyonpyonsya.co.jp/

受動喫煙対策事例一覧へ

受動喫煙対策サイトトップへ